世界遺産旅行情報 > ヨーロッパ > 西ヨーロッパ > ケルン大聖堂

ケルン大聖堂

文化遺産

ケルン大聖堂は、ドイツのケルンにあるゴシック様式の大聖堂です。正式名称は、ザンクト・ペーター・ウント・マリア大聖堂(聖ペトロとマリア大聖堂の意)。ゴシック様式の建築物としては世界最大であり、現在はカトリック教会の管理下にあります。

ケルン大聖堂の動画



世界遺産 旅行情報歴史

現存の大聖堂は3代目で、初代が完成したのは4世紀のことでした。正方形の建物で、最も古い聖堂として知られていました。

2代目は818年に完成し、12世紀後半に東方三博士の聖遺物がおかれたことで多くの巡礼者を集め、ケルンの発展に貢献しました。1248年の4月30日に火災により焼失。3代目の建設は2代目が焼失した年である1248年に始まりました。しかし、16世紀に入って宗教改革を発端とする財政難から一度工事が途絶し、正面のファサードの塔がひとつしかない状態が続きました。建設が再開されるのは19世紀に入ってからでした。

1996年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されたものの、周辺の高層建築物計画による景観破壊の危機にさらされました。2004年には危機遺産に指定されましたが、大聖堂の周囲に高さ規制を敷くなど市当局の懸命な努力により2006年を以って解除されました。


世界遺産 旅行情報建築様式

1248年、カロリング朝のケルン大聖堂が大火で焼失してしまった後、すぐに新大聖堂の定礎が行われました。新しい建築は、それまでアミアン、バリ・ノートル・ダム、ボーヴェなどの大聖堂を見て回り、ゴシックの技術と造形を学んできたゲルハルト・フォン・ライルと呼ばれる工匠によって構想されました。彼の集めた各地のゴシック建築の記録は、当時、同時代のフランス人建築家ヴィラール・ド・オンヌクールの画帖に匹敵するものといわれていましたが、今日では残っていません。

主要寸法は、全体の縦幅:144.58 m 、全体の横幅:86.25 m
         南塔の高さ:157.31 m 、北塔の高さ:157.38 m
         建築面積:7,914 m²

遺産名ケルン大聖堂
所属エリアヨーロッパ > 西ヨーロッパ > ドイツ
英名Cologne Cathedral
登録年1996年
登録基準文化遺産(1),(2),(4)
備考2004年から2006年まで危機遺産

出典:フリー百科辞典『ウィキペディア(Wikipedia)』

おすすめ


Warning: include(../ad1.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/fitweb1/public_html/bvyih.com/sekaiisan/cologne_c.php on line 157

Warning: include() [function.include]: Failed opening '../ad1.php' for inclusion (include_path='.:/usr/lib/php') in /home/fitweb1/public_html/bvyih.com/sekaiisan/cologne_c.php on line 157


Warning: file_get_contents(../rl.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: No such file or directory in /home/fitweb1/public_html/bvyih.com/sekaiisan/cologne_c.php on line 162

サイトマップTOPへ戻る